ふぅみんブログ

感情と内臓

少し前から、人前で発表したりするような緊張のあと、腰の辺りに心臓が降りてきたようなバクバクした感覚を感じることがあった。

自分では、椅子に座っていても、身体が上下して飛び跳ねている感じ。

それ以外に特に症状は無いので、しばらく放置していたのだけれど、ふとこの辺りにある内臓はなんだったかな〜と思い、調べてみた。

ん?腎臓かな。
となると、少し心配になってくる。

そして、今日、本当に久しぶりにクリニックへ行ってみた。

会社員だった頃は、年一回の検診に加え、ちょっと体調が…と思うとよく病院のお世話になっていた。

ところが、不思議なことに、個人事業主になって4年。
全く風邪も引かず、元氣に過ごして来れて、本当に丈夫に産んでもらって感謝の一言。

そんな中、身体に何が起こっているのか、ちょっと気になった。

西洋医学に加え、東洋医学の見地からも診察をしてくれるという話を聞いて、紹介してもらったクリニック。

確かに、東洋医学の観点からの説明は、とても興味深いものでした。
何より、思い当たる節が多々ある(笑

帰宅してから、インターネットで検索をしてみると、「病は気から」と言われるように、内臓の状態と感情は繋がっているという解説は数多く検出された。

今回、私が違和感を覚えた腰の辺りにある内臓は腎臓。
そして、腎臓は「恐れ・不安」の感情と繋がり、あがり症にもなるらしい。
それを浄化して尿として流してくれるのも腎臓。
その循環がうまく作用していないと言われれば、確かに納得がいく。

また、オーストリアの哲学者・神秘思想家であるルドルフ・シュタイナーが魂と身体の関係を説明する中で、七年期という発達特徴を示している。

ここから想定されることは、私はいま10歳頃の課題に向き合い直しているということ。
言われてみれば、はい、いま正に思い当たることが!

普通に病院へ行けば、原因を探し、その治療をする。

今回は、なんとなく身体が発する違和感という感じだったので、むしろこの東洋医学的観点の方がすんなり腑に落ちた。

人の思考のパターンと内臓に出る違和感の繋がり。
それは、自分の身体からまず発信されている声として無視してはいけない。

そんなことを感じた今日の出来事でした。

大喜利体験

大喜利が体験できる「ひなどり」をご存知ですか?

「オモシロい」を科学する。

テレビでも『笑点』や『お笑い番組』などでお題にボケる大喜利を見たことはある。
なんなら、テレビを見ながら、一緒に考えてみたりして。

その体験がオンラインでできるのが、「ひなどりオンライン」。

これが意外とハマる。

一つの問いに対して、つい正解を求めてしまうけれど、
日常では、実は解答がひとつでは無いことが多い。

いかに、柔軟にいろんな視点で考え、解答を導き出すか。

また、制限時間内に集中して考えることも、カチコチに固まった脳が活性化します。

きちんと座学で理論を説明しながら、実際に大喜利をするというワークショップスタイルなので、初心者でも楽しめました。

ファシリテーターの山本ノブヒロ氏は、日本で唯一の大喜利研究者。
オモシロいというのは、どういうことなのか。
大喜利を活用するとどんなことが起きるのか。
この可能性が無限大。

私がなんやかんや書くよりも、こちらをご覧ください!
https://hinadorionline20211028.peatix.com/view

一度、たくさんの人に体験してみて欲しいなーと本当に思います。

人が悩む一番の原因は人間関係。
そのコミュニケーション改善にも役立つんじゃ無いかなと思います。

頭を柔らかく、自分の考えを相手に提案という形で手渡す。
相手の「オモシロい」を受け取って、そんな見方もあるのかと感心する。
そんな気づきの場になりますよ。

失敗なんてないんだってこと

昨日、人生初めての劇団の演劇ワークショップに参加してきました。

脳は「マンネリ」で衰える。
それは、毎日同じ行動を繰り返しているうちに何も考えずに行動できるようになる。
つまり行動が「自動化」されてしまうと、脳を使わなくなってしまうから。

それに反して、新しいことに挑戦をするとか、久々に何かをするとか、脳に刺激を与えると、脳が活性化する。

ただ、新しいことって、ワクワクもするし、楽しいと思える一方で、初めてのことだとなおさらのこと、不安な想いも抱くもの。

昨日の演劇ワークショップの話に戻ると、私は演劇の経験はゼロ。
やること、見ることが全て初めて。
なおかつ、初めての人の中に入るという恐怖(苦笑

なかなか、そうは見えないらしいのですが、1対【多】、特にその【多】が既にグループとして出来上がっている場合は、その輪の中に入ることは緊張するし、どう思われるだろうとか、いろいろ考える。

最近の私はというと、あえて空気を読まないことがある。

もともと人に良く見せたいとか、相手にどう思われているだろうとか、気にするし、空気を感じやすいタイプ。

だけど、それが単発のワークショップだったら、ひとまず自分を良く見せたいとかは一旦横に置いて、その場を楽しむことに集中することにした。

ありがたいことに、昨日のワークショップはウェルカム感を感じることができ、3時間があっという間で本当に楽しかった。

また、最初にそこで言われたことが、良かった。
「ここは失敗をしても良い場所。そこから何を気づくかが大事。」

そうなんだよね。
例えば、キャッチボールをしていて、ボールを落としてしまったら、また拾ってそこから始めればいい。

失敗というか、そこからどうリカバるかということが大事なんだけど、ついつい失敗に意識がいってしまうと、そこで落ち込んだり、クヨクヨしたりしてしまう。

「好奇心」を持って「楽しむ」こと。
それが大事なんだなって、本当に思う。

間違うこと、失敗することが悪いことなんかじゃなくて、そこから次に繋げることが大事。

むしろ、間違わないと気づかないこともあるからね。

いくつになっても、脳を刺激し続ける、
そんなチャレンジをしていきましょ。

青い龍に導かれ

先週の話。

月曜日に瞑想をしていたとき、目の前に青い龍が現れ、「高尾山へ行きなさい」と。

あ、薬王院のことかな〜と思いつつ、スケジュールを確認して行けそうなタイミングが金曜日だったので、思い切って行ってきました。

実際に高尾山 薬王院に到着してみると、天狗、天狗、天狗!!!

そうでした。
高尾山は天狗信仰の霊山でもあったのでした。
となると、龍神様は何処?

そう思いながら、上へ登って行くと、いままで何度も訪れているはずなのに、
気づいていませんでした。

御本社の正面頭上に青い龍が鎮座されていることを。

なるほど、こちらでしたか。
しっかりとお導きをいただいたことに御礼をお伝えしてから、
頂上まで登ってきました。

以前ほど頻繁に訪れることが無くなった高尾山。
平日ではありましたが、コロナの感染数もだいぶ落ち着いていたり、
自然に癒されたいという方が多いのか、訪問者は思っていたより多かったです。

でも、途中、御茶屋さんがお休みだったり、無くなっていたりと、
時間の経過なのか、コロナの影響なのか、変化はありました。

いままでのような生活は無くなってしまったけれど、
少しずつ落ち着きを取り戻して、平穏な生活をしていけるようになれば、
そんな風に思います。

普通に話をしていると、なかなか思っていても聴けない話がある。

それは、本当に大事にしている夢や目標の話。

恐らく、誰にでも話せることではないからなのだと思う。

私にも夢がある。

最初は、自分の影響力が届く範囲、自分の周りから笑顔の輪を拡げていきたいと考えていた。

だから、カウンセリングやコーチングなどのセッションも基本的には1体1。

目の前の人の寄り添うことをモットーにしてきた。

それが、大きく変化する。

もっとたくさんの人に光を届けたい!!!

そこで、取った行動が表現者になること。

ゼロからのスタートなので、基本を学ぼうと奮闘中(笑

話すことが好きで、人に伝えたいと思っていたことと、
今年に入り、特にオンラインではあるけれど100人近い人の前で毎週伝える機会がある中で、声が聴きやすいとか、伝え方が分かりやすいなんて、いろんな人から言われるようになったのも、背中を押してくれた。

そんな話をすると、「すごいですね!」と言われる。
やりたくても、なかなかやる人はいないと。

「でも、実は自分も…」と夢や目標を語り始める。

いままで、「自分軸で生きよう!」とか、「じぶんさがし」のカウンセリングをしてきたけど、なかなか自分の口から夢を語る人はいなかった。
だから、いろんな視点から質問をしたりして、引き出して来た。

だけど、こちらから本気の夢、実際に取り組んでいることを話すと、自分のことも自分の口から語り始める。

そうだ。
これがやりたかったんだなーと改めて思う。

私も自分の夢に向かってチャレンジしている。
あなたの夢はなんですか?

COMPANERO〈コンパニェーロ〉|前へ歩き出すことを決めたあなたをサポートするカウンセラーです、一緒に一歩ずつ自分自身を取り戻していきましょう。