人の話を『聴く』ということ

人の話を聞く機会は日常的にある
そんな中で、傾聴の大切さを感じることも多い

私は仕事柄、人の話を聞くことが多いけど
プライベートでは、ついつい他のことを考えてしまったり、先読みをしたり、
「ながら」で話を聞いてしまうこともある

人というものは、基本的に話を聞いて欲しいもの
もうちょっと言えば、承認もして欲しい

だからこそ、耳は2つ、口は1つ

聞くことが大事だと言われる

その聞く姿勢もとても大事だと思う

それは、自分が話を聞いてもらうときに気づく

やっぱり、「ながら」だったり、意見を挟まれたり、上の空だなとか
分かってしまう

自分ではやってしまうけど

人の振り見て我が振り直せ
というけれど
私の場合は、すごいなと思うお手本が目の前にいる

私が話を始めると
手を止めて、こちらに向く
そして注意深く話を聴いてくれる

理解出来ないと質問をしてくれるから
ちゃんと聴いてくれていることがこちらにも伝わる

これが「人の話を『聴く』」ということなんだな

コミュニケーション力の一つとして
上手に話せなくてもいい
傾聴が出来れば、まず最初の扉は開きます

COACHING COMMUNICATION DIARY
COMPANERO〈コンパニェーロ〉|前へ歩き出すことを決めたあなたをサポートするカウンセラーです、一緒に一歩ずつ自分自身を取り戻していきましょう。