メッセージの伝え方

先週は「伝えたいことはちゃんと伝わっていますか?」というテーマでした。

同じことばを使っても、微妙に捉え方が人によって違う。
それは、その人の経験だったり、感覚だったりが関係してくるから。

今日は伝え方について、お話をしていこうと思います。

無意識かも知れないけど、メッセージを発するときは必ず【主語】があります。

例えば、彼が携帯に夢中で話を聞いてくれなかったとき。
・「なんで話を聞いてくれないのよぉ!!!」→「あなたは、なんで私の話を聞いてくれないの?」
・「話を聞いてくれなくて淋しい」→「あなたが話を聞いてくれなくて、私は淋しい」

この違い、わかりますか?

『あなた』を主語にすると、相手を責める言葉が続きがちなんです。
すると、言われた相手にも言い分がありますから、喧嘩に発展することが多いんです。

メッセージを伝える際には、『私』を主語にすると相手に伝わりやすいです!

・『あなた』目線
「脱いだ靴下は、洗濯かごに入れてっていつも言ってるでしょ!」

・『私』目線
「脱いだ靴下は、洗濯かごに中に入れておいてくれると嬉しいんだけどな」

これを”I”メッセージといいます。

ボールを投げつけるんだじゃなくて、優しく手渡しする感じ。
投げつけられたら投げ返したくなるけど、優しく手渡されたら、一旦受け取りたくなりませんか?

コミュニケーションて、キャッチボールです。
自分が発したエネルギーがそのまま返ってくることも結構あります。

人は鏡。
まずは自分からコミュニケーションを見直してみると、周りも変化してきます。

COMMUNICATION
COMPANERO〈コンパニェーロ〉|前へ歩き出すことを決めたあなたをサポートするカウンセラーです、一緒に一歩ずつ自分自身を取り戻していきましょう。